まごころを風俗にの記事「基本料金はそのままで割引券を発行するようにします」です。

基本料金はそのままで割引券を発行するようにします

  • 2015年03月16日

デリヘルなどの風俗を経営していて怖いのは価格競争なんです。最初が肝心なので割引サービスなどで赤字覚悟でお客さんを呼び込む戦略はこれは手法としては常套手段といえます。しかしそんな出血大サービスは名前をうるせいぜい最初の1週間くらいでしょう。風俗ファンである男性はいつもは2万円も払って遊んでいた風俗が1万円くらいであそべるんですし、新しいお店で新しい女の子と遊ぶのを楽しみにしているからですね。開店セールが終わると後は通常価格に戻しますが、とういよりも割引券の配布をなくすことになるのですが、それからが本当の勝負なんです。そこからお客さんが来てくれて本当の経営が始まります。実際には最初にお客さんがどっときてくれたら半分くらいはリピートしてくれるでしょう。それで1ヶ月2ヶ月は大丈夫だと思います。それからは経営戦略で基本料金は変えずに割引券などで実質の利用料金を操作することになります。それは安易に値下げしてないよという同業デリヘル店へのアピールでもあるのです。